Eng Garageとは?

EngGarage(エンガレージ)とは、ものづくりの現場と、ものを作りたい人を適切に結びつけるためのプラットフォームです。

墨田区の町工場3500件をくまなく歩いたリバネスの経験から、あなたのニーズにこたえます。

紹介可能性のある町工場の比率について

金属加工・プレス・金型
繊維及び衣服等
印刷
革製品
パルプ・紙加工
プラスチック製品・ゴム製品

Eng Garage Team

研究者×町工場が新たなイノベーションを創出する

急速に科学技術が発展する今日、研究現場ではより豊かな社会の実現を目指して日々世界中の研究者と競争が繰り広げられ、いかに早く研究成果を生み出すかが重要な要素となっています。さらに、公的な研究費が少しずつ削減され、限られた予算の中でいかに成果を出せるかも求められていきます。そして、研究を進めていく上では、試作品づくりや実験機器のカスタマイズなど、大量生産品では対応できない部品や機器を使う場面があり、苦労しながら研究を進めています。

一方、長年日本のモノづくりを支えてきた町工場は、現在その存続が危ぶまれています。大企業の海外への生産拠点の移行、中国をはじめとしたアジア諸国の台頭、後継者不足など、課題は山積みです。メディアで取り上げられているような一部の町工場は、独自の技術やアイディアにより成長を続けています。しかしながら現実には、すべての町工場が世界でその会社にしかできないような技術を持っているわけではなく、家族経営や数人の社員が、日々真摯にモノづくりに取り組むことで存続しています。しかしながら、そんな数多くの平凡な町工場の存在が日本の成長を支えてきたのも事実です。

だからこそ、そんな町工場が持続的に発展できるような仕組みを作りだすことができれば、それは科学技術の発展に直結します。それを研究現場と町工場の連携という形で実現し、双方を活性化していきたい。それが、E-GAのコンセプトです。

■E-GAが目指すもの

上記のような想いのもと、E-GAでは以下2つの目的を達成する製品・サービスを提供していきます。

  1. 研究スピードを加速する
  2. 実験機材のコストを削減する
吉田 丈治

吉田 丈治

Leave a Nest Co.,ltd. CIO

東京工業大学総合理工学研究科卒業
専門は電気電子工学・半導体工学
墨田区の産業活力再生基礎調査におけるロードマップを描く。

長谷川 和宏

長谷川 和宏

Leave a Nest Co.,ltd. CAO

東京都立大学大学院工学研究科 修士課程修了
専門は機械工学・流体工学。
学生時代、当時世界最小の流量制御装置を開発したベンチャー企業にてインターン。その後、リバネスの立ち上げに参画。

ちょっとしたきっかけで墨田区の町工場社長と意気投合し、生物系研究者向けの実験機器「MEGA COMB」を共同で開発。
町工場向けに研究所見学ツアーを仕掛けたり、区長に未来の町工場像をプレゼンしたり、大手企業に発注先として町工場を紹介したりと、様々な取り組みを実施中。

秋永 名美

秋永 名美

Leave a Nest Co.,ltd.

2011年 東京理科大学理学部物理学科卒業。超電導物質の熱起電力測定のため、回路設計・開発、計測器制御も行った。
2013年 東京大学大学院 サステナビリティ学教育プログラム修了。岩手県沿岸被災集落にて密着インタビューを行った。持続可能な地域の在り方を求め、住民の意識と行動に関し多角的な視点から記録・分析をした。

岡崎 敬

岡崎 敬

Leave a Nest Co.,ltd.

大阪大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了 博士(理学)
引越歴11回、出身地福島から東京、京都、大阪、滋賀、大阪、静岡、大阪、そして沖縄へ。 天然物有機化学、生物物理の分野で、モデル生体膜やモデルイオンチャネルの研究に従事。 他、企業で燃料電池の研究開発に従事した経験も。旅する研究者。

斉藤 想聖

斉藤 想聖

Leave a Nest Co.,ltd.

慶應義塾大学大学院薬学研究科終了
主に抗がん剤の開発とがんの病態生理解明に携わる。
新しい仕組みづくりをモットーに事業展開を行う。現在は「ものづくりといえば墨田区」のブランディングを構想中。

前田 里美

前田 里美

Leave a Nest Co.,ltd.

高校卒業後、アメリカへ渡米。
心理学の中でも、人間が使いやすいモノを心理学の観点から考える「人間工学」の勉強をしていました。

帰国後は、リバネスで人材育成、イベント企画、キャリアマガジン編集、英語研修など行っています。

環野真理子

環野真理子

Leave a Nest Co.,ltd.

学生時代は筑波大学大学院生命環境科学研究科で海洋生態学を専攻。藻場から流れる海藻の炭素量を定量化するため、大きな水槽をつくったり、カジメ専用の袋をつくったり、実験装置をつくるところからはじめました。リバネスでは研究キャリア応援マガジン『incu・be』を中心に、100人以上の研究者を取材した経験があります。実験系から考えたい、研究で不便なことがある、という方の声を拾っていきたいと思います。